とれとれ速報

最新のトレンドニュースをお届けします

【悲報】妊娠しても仕事やめられなかった母親の末路・・・・・

   

【悲報】妊娠しても仕事やめられなかった母親の末路・・・・・

1: 名無しのスコールさん 2018/11/12(月) 12:19:12.30 ID:hu9GsBxM0●.net
75グラムの我が子 激務で死産 
11/12(月) 11:30配信 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00010000-otekomachi-life 

妊娠と仕事 

写真はイメージ 
 「妊娠中、体調不良になっても、仕事を抜けられない」――。こんな思いを抱えて働き、体調を崩す妊婦が後を絶たない。今年4月から随時掲載している「妊娠と仕事」シリーズ。今回は、人繰りに苦慮する職場に焦点をあてて、問題の現状と打開策に迫る。 

 「お願い、まだ出てこないで」。東京都の女性会社員(29)は今年5月下旬、都内の病院で、強くなる陣痛を抑えようと必死だった。安定期に入っていたが、「今、生まれてしまっては助からない」と、医師から告げられていた。午前3時過ぎ、身長15センチ、体重75グラムで死産となった。 

 詳細に検査したが、母子ともに問題はなく、過重な働き方が原因と疑われた。医師が経過を記した書類にはこうあった。 

 「次に妊娠したら、安静にする時間を増やし、仕事を減らしてほしい」 

 心当たりはあった。女性は従業員約20人の広告会社で働く、ただ一人の編集職。一人で多くの取引先を抱え、休日でも、深夜まで時には立ちっぱなしで仕事をこなす。 

 妊娠後、常に体が重く、疲れているのに寝付けない。集中力がとぎれがちになり、仕事のスピードが落ちた。 

 「一人では限界」。上司に何度も訴えた。だが、「無理しなくていいよ」「君しかいないからなあ」などと返すだけで、対策を取ってくれなかった。女性は言う。「休めばいいと言われても、休めばその分、仕事がたまる。代わりがいなければ、休めない」

baby_ninshin_ninpu

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1541992752/

続きを読む

 - 未分類

×