とれとれ速報

最新のトレンドニュースをお届けします

「過保護」「かわいそう」と言われようと、子どもを学校に行かせない親の本音・・・

   

「過保護」「かわいそう」と言われようと、子どもを学校に行かせない親の本音・・・

1: 名無しのスコールさん 2020/06/25(木) 23:04:01
https://www.jprime.jp/articles/-/18226

【例1】「幼稚園が一緒だったママさんから、《なんで休んでるの? 流星くんがいないからうちの子も休みたいって言ってて困るんだけど》っていうLINEをもらいました。ほかにも《過保護すぎない? ちょっとは子離れしなよ》とかいろいろ。なんでわざわざ他人の家庭の事情に首を突っ込むのですかね。私は登校している人を否定しているわけではなくて、うちの子どもは行かせられないというだけなのに」

【例2】家の前で体力づくりのために縄跳びなどをしていると、通りすがりの近所のおばあちゃんとかから“学校に行けないんだって? かわいそうに”としょっちゅう言われます。それで娘が“私って、かわいそうなの?”って。そんなことないよ! かわいそうって言う人がかわいそうだね、と言いました」

『学校が子どもを殺すとき』の著書があるジャーナリストの渋井哲也さんは、コロナで学校に行かないことは評価する一方で注意点があるという。

「学校との接点をなくさないこと。担任が信頼できないなら学年主任や教頭など誰か1人は理解者をつくっておくこと。

もうひとつは親が孤立しないこと。学校で学ぶいちばん大切なことは人間関係の構築です」

引用元: https://girlschannel.net/topics/2822470/

続きを読む

 - 未分類

×