とれとれ速報

最新のトレンドニュースをお届けします

いい年した大人が「おうち」って…?違和感のある「コロナ言葉」たち・・・

   

いい年した大人が「おうち」って…?違和感のある「コロナ言葉」たち・・・

1: 名無しのスコールさん 2020/06/27(土) 12:09:29
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06270555/?all=1 それにしても、よく分からない言葉が多過ぎです。「濃厚接触」は「近距離で一定の時間を共にした」と解釈されるようになりましたが、初めの頃は「舌を絡めたキス以上のこと?」と思われていた。このため、日本第一号のコロナ感染者である武漢から再来日した中国人男性が“父親と武漢で濃厚接触していた”と報じられたときは、「どういうこっちゃ?」という声がネットに多数書き込まれました。

こうした違和感のある言葉に対して、私の周囲の文筆家クラスターからは、異議表明が相次ぎました。山田詠美さんは「女性セブン」で2回にわたって小池百合子都知事の「おうちにいましょう」に「喝!」を浴びせました。

〈いい年した大人が自分の家を「おうち」と呼ぶの、私本当に気持ち悪いんです〉

 さらに、どんな男前でも「おうち」と言った途端に魅力半減どころかマイナスに急降下するとも主張します。確かに「オレ、おうちにミニバーがあるんだよ」なんて言われても、萎えそうです。

引用元: https://girlschannel.net/topics/2824733/

続きを読む

 - 未分類

×